劇が始まる前に、鬼婆が赤ちゃんをだっこ。
劇の最中、鬼婆に抱かれると疳の虫が封じられ元気に育つと謂われてきました。
今回はあまりにもの猛暑のなか、待っている赤ちゃんがばててしまわぬよう、劇の開始に先立って虫封じの呪いが行われ、12人の赤ちゃんが元気よく泣き声をあげました。