永禄11年(1566)の銘のある阿弥陀立像の石仏(高94cm)
解脱・慈心塔の背後の山は、墓地になっていて、中世の石塔石仏も多数残っています。