「みかの原わきて流るるいづみ川 いつ見きとてか恋しかるらむ」と詠まれた加茂盆地、さらに大和を望むこの景観を、解脱上人は、観音浄土、洋上の補陀落山にたとえ、「海住山寺」と名付けました。