建保2年(1214)、貞慶の跡を受けた慈心上人によって建立された五重塔(国宝)
初重の軒下に裳階があるのは、ここと法隆寺のみ、また心柱が初層で止められている構造も珍しいそうです。