中世は、印旛沼は水上交通が盛んで、臼井城も本佐倉城は水運でつながっていて、沼の要所に出城や砦が築かれていました。