戦国末期、原氏によって台地全体、南北2㎞、東西1kmにわたり、砦と土塁、堀で外郭を囲んだ「惣構」が築かれました。
現在残っているのは、主郭部のⅠ郭(本丸)とⅡ郭(二の丸)、砦では臼井田宿内砦跡です。