昭和初期からの区画整理で、3千基以上あった石仏や墓塔は東山墓地に移動又は、消滅し、今はこの十一面観音ほか小石仏十数基が、五輪塔を見守っています。