« W-5 ユーカリが丘周辺の民間信仰の石造物と北総の子安様 | トップページ | S(メモ) 佐倉市直弥の宝金剛寺の石造物 »

2014年9月12日 (金)

B(メモ) 佐倉市直弥の宝金剛寺の寺宝と文化財

2014年9月9日の根郷公民館主催の「佐倉市入門講座」で実物を拝観できた宝金剛寺の文化財と京極師のスライドで紹介された文化財をアップします。

1.「三鱗紋蒔絵四重椀」:2010年「岩富城主北条氏勝寄進資料」として佐倉市市指定有形文化財になりました。高台等の特徴から、近世初期頃の作成と推定されるそうです。

753_0_t

2.「銅製 灌頂宝冠 一対」:日輪・月輪の飾りで対を成す。じつに優美な法具です。

753_1


3.2.の宝冠脇に刻まれている「元和六年十二月吉日 宝金剛寺 覚秀 求之」の銘文

753_2_t_2

4.
2010年に市指定文化財になった「七条袈裟・横被 牡丹唐草模様(慶長二年銘)」と「七条袈裟・横被 亀甲梅椿模様(慶長十三年銘)」はスライドでの紹介でした。
これは慶長2年銘の袈裟の墨書銘

753_3

5.
袈裟の構造(「七条」とは、「横被」とは?)と着け方を実演していただきました。

753_4

6.
宝金剛寺で預っている八木の東福院の十一面観音像(スライド)
平安後期の作とのこと。

753_5

|

« W-5 ユーカリが丘周辺の民間信仰の石造物と北総の子安様 | トップページ | S(メモ) 佐倉市直弥の宝金剛寺の石造物 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: B(メモ) 佐倉市直弥の宝金剛寺の寺宝と文化財:

« W-5 ユーカリが丘周辺の民間信仰の石造物と北総の子安様 | トップページ | S(メモ) 佐倉市直弥の宝金剛寺の石造物 »