« D-1 鎌倉の「国指定史跡 法華堂跡(源頼朝墓・北条義時墓)」と、大江公など3基の墓穴のなぞ | トップページ | D-3  荒久古墳と千葉寺 »

2013年2月 3日 (日)

D-2 七天王塚の謎

 2013年2月2日、八千代栗谷遺跡研究会の仲間と、千葉県中央博物館で行われる千葉県遺跡調査研究発表会聴講に先立ち、近くの千葉大学医学部内外の「七天王塚」を探索しました。

Map   google地図に七つの塚と古墳跡の位置を書き込みました

 
 「七天王塚」について、千葉市教育委員会設置説明板から抜粋した内容です。

130202_015_2 『 千葉大学医学部構内に散在する七つの古塚は「七天王塚」または「七つ塚」と呼ばれ、古くから疫病・災害を除く神として崇められている。
 塚の上の古碑に刻まれている「牛頭天王(ごずてんのう)」は千葉氏の守護神の一つで、千学集抄には「千葉の守護神は曽場鷹大明神、堀内牛頭天王云々……」と記されている。
 このことから千葉氏は、猪鼻城の大手口に崇敬する北斗七星の形に七つの塚を配置して牛頭天王を祀り、一族の繁栄を祈ったものと考えられている。
 また一説には、この七天王塚は千葉氏の七人の兄弟を葬った墓であるとか、平将門の「七騎武者」の墓とも伝えられているが定かではない。』

 この七天王塚については、千葉氏の妙見信仰とともに中世にさかのぼることは確かですが、発掘調査はされていません。
 昭和35年千葉市の文化財(史跡)として保存され、また「塚の神木の小枝一本落としても祟る」といわれていて、古代については謎に包まれています。

 ところで、2002年医学部の研究棟建設に伴う発掘調査で、七天王塚の真ん中の帆立貝型の前方後円墳の存在が明らかになりました。

130202_115_3

     左の建物の下に古墳がありました

 墳丘が削られていたこの古墳は、軟質砂岩載積の横穴式石室を持ち、推定全長28m、周溝らしい溝から7世紀初頭~前半の須恵器が検出されており、また周りの土坑などの調査結果からも、古墳終末期~古代の大規模な墓域であったらしいです。

130202_005
   (検出された石室残部が、構内の七天王塚の近くに移設されていましたが、10年間でかなり風化磨滅しています。)

 石室を伴った古墳を取り巻く七つの塚が、首長墓を中心に北斗七星を意識して築かれたか、千葉氏が歴史に登場する平安時代以降、妙見信仰に関連して群集墳の7基を北斗七星になぞらえたかは、私にとってとても興味ある謎です。

130202_021
        医学部の外、バス通りの反対側にも2基の塚があります

  ところで、天気予報に反して、七天王塚見学中、急な雨と突風に見舞われました。
  地元に伝わる七天王塚の祟りは、天気女の私の神通力も効かず、本当みたいですね。

|

« D-1 鎌倉の「国指定史跡 法華堂跡(源頼朝墓・北条義時墓)」と、大江公など3基の墓穴のなぞ | トップページ | D-3  荒久古墳と千葉寺 »

コメント

こんにちわ。医学部の敷地内は、歴史深いですね。とてもわかりやすい内容の記事です。私も今度訪れたいと思いますが、医学部や事務局に連絡して行かれたのですか?

投稿: EMI | 2013年9月10日 (火) 23:52

団体でいらしゃるなら、要連絡でしょうが、少人数なら特に不要だと思います。
平日は人や車が多く、注意が必要ですが、土日は学会などがなければ、ご覧のとおり閑散としています。

投稿: さわらびY(ゆみ) | 2013年9月11日 (水) 00:00

早々のお返事、ご教授ありがとうございます。今度、天気のよい日に、訪れてみたいと思います。

投稿: EMI | 2013年9月23日 (月) 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107552/56691008

この記事へのトラックバック一覧です: D-2 七天王塚の謎:

« D-1 鎌倉の「国指定史跡 法華堂跡(源頼朝墓・北条義時墓)」と、大江公など3基の墓穴のなぞ | トップページ | D-3  荒久古墳と千葉寺 »